にいがた農地を活かし担い手を応援する運動
                
〔令和元〜3年度〕

    = 農業委員・推進委員が地域の農地利用調整の要(かなめ)となる運動 =


   「にいがた農地を活かし担い手を応援する運動」とは、

  農業委員会組織は、平成28月に改正農業委員会法が施行されたことを
 踏まえ、担い手への農地利用集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消といった
 「農地利用の最適化の推進」について、これまで以上に取り組み、農業・農村の
 健全なる発展に寄与することが求められています。

  
   本県では、全国運動と連動し、令和元年度からの新たな組織運動を展開し、
 農業委員会系統組織の活動理念である「農地を守り、地域の担い手を育てる」
 ことを柱とした運動を進めます。


 

  「にいがた農地を活かし担い手を応援する運動推進要領 〔令和元 〜3年度〕



   新潟県農業会議 会報 『農のかけ橋』は、こちら



   にいがた地域農業再生運動 〔平成28〜30年度〕